【書評:1711冊目】科学的に正しい上機嫌の習慣(堀田秀吾)

書評総合
【自らの行動が、自らの機嫌を決める!】
明治大学教授・堀田秀吾氏が、『科学的に正しい上機嫌の習慣』と題して、人が不機嫌になる仕組みを明かしながら、自分の感情を上機嫌へと整えていく行動習慣を解説する一冊。
rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="156ac3d8.7dbe6d34.156ac3d9.a3b3ebc6";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_size="300x160";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ts="1504596303285";
■書籍の紹介文
あなたが不機嫌になるとき。
その原因を、周りのせいにしていませんか?
 
本書は、現代社会は「不機嫌になる仕組み」で溢れかえっていると指摘し、それに飲み込まれず、気分の良い状態を自ら整えていく方法(「上機嫌の習慣」)を解説する一冊。
 
「あの人の言動のせいで気分を害された!」
「あの人の不機嫌な態度を見るとこっちまでイライラする!」
「初対面とはいえ、なんなのあの態度は!」
 
このように、わたし達は不機嫌になると、とかく原因を外に求めがちです。
もちろん、どうしようもない状況もありますが、ちょっとした工夫や心構

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました