バルザック『ペール・ゴリオ』(藤原書店)、バルザック『幻滅』(藤原書店)、バルザック『従妹ベット』(藤原書店) 、ユゴー『レ・ミゼラブル』(岩波書店) ほか – 鹿島 茂によるコラム

書評総合
私編パリ文学全集を編集する
一年ほど前、知合いが建て替えのために家を取り壊すので、不要になった子供用百科事典をもらってくれないかといってきた。ちょうど、小学生の次男がそうした百科事典をほしがっていたところなので、これ幸いと受け取りに出かけた。すると、その家の若い奥さんが、ついでだから家にある日本文学全集と世界文学全集も全部もっていってくれないかといった。亡くなった舅(しゅうと)が買ったものだが、新しい家には置く場所もないし、だれも読む者がいないというのがその理由である。見ると、どちらも完全揃(ぞろ)いでほとんど読んだ形跡がない。古本屋に売ったらいいではないかというと、古本屋に問い合わせたところ、いまでは文学全集は、たとえ揃いでも、またタダでも引き取らないと告げられたそうである。もって行ってくれなければゴミとして捨てるほかないというので、それならばと、二つの全集を家にもってかえった。思えば、昭和三十年代から四十年代の初めにかけては、居問の本棚の文学全集が、玄関先のゴルフ・バッグ、サイド・ボードのジョニ黒とならんで、プチ・ブル家庭のステータス・シンボル三点セットだった時代もあった。それがいまでは、文学全集は、「万里の長城」「戦艦大和」並の無用の長物と化している。まさに隔世の感がある。たしかに、若者はおろか中年も、いや熟年さえも、いまさら教養として文学全集を読む気にはなれないだろう。ありとあらゆるお手軽な娯楽が揃い、物質的な面でなに一つ不自由してはいないのだから、「いかに生くべきか」を考えるために文学全集を繙(ひもと)こうなどと思う人間がいるわけはない。この点は、私とてまったく同じで

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました