限りなく透明に近いブルー 〜 暴力・薬・エロだらけなのに詩的な静けさが美しい村上龍 衝撃のデビュー作

書評総合
村上龍氏のデビュー小説「限りなく透明に近いブルー」を読み返したのでご紹介します。





限りなく透明に近いブルー (村上龍電子本製作所)

created by Rinker

¥390
(2021/10/14 10:00:42時点 Amazon調べ-詳細)




Kindle

Amazon

楽天市場

Yahooショッピング




こんにちは。ビジネス書作家・ブロガー・心理カウンセラーの立花岳志です。
当ブログでは、皆さんが人生をより自由に、より美しく、より楽しく生きるための情報やメッセージをシェアしています。
学び進化することも、より楽しい人生の構成要素の一つと僕は考えています。
心を豊かにする読書をし、読んだ本を紹介することも、このブログのメインコンテンツの一つ。
今回は村上龍氏のデビュー作「限りなく透明に近いブルー」を再読したのでご紹介します。
この作品に初めて触れたのは30年近く前、僕がまだ20代前半のころでした。
それ以来何十回も読み返し、文庫本がボロボロになってし

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました