「デブでブタ扱いされてた底辺女が、学校一の不良男子に、メンチを切られたりお弁当を作られたり告白されたりする話」八木羊 KADOKAWA

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは八木羊さんの「デブでブタ扱いされてた底辺女が、学校一の不良男子に、メンチを切られたりお弁当を作られたり告白されたりする話」です!ストーリー A内容は、身長161センチ体重84キロなぽっちゃり女子の大森シズカ。食べることが何より好きな彼女はクラスメイトたちからブタ呼ばわりされながらも愛想笑いでそれを乗り越えていた。そんなある日、シズカは学校唯一のヤンキーである強面のアキラの趣味が料理ということを知ってしまう。アキラは口止め料としてシズカに毎日お弁当を作ってくることに。2人はお弁当生活を通して徐々に距離を縮めていくが…とこんな感じです!〜デブとヤンキー〜YouTube発の作品。YouTubeの方は「アシュラ飯」というタイトルですね。ちなみにYouTubeは未視聴です。ぽっちゃり系女子とヤンキーボーイの青春ものとして楽しく読ませていただきました!まず序盤。かなり豪快に揚げ物弁当を食べるシズカが描かれます。てか身長161センチ、体重84キロはなかなかですね…周りからブタ呼ばわりされてもそれを愛想笑いで受け流す日々。そんな彼女はバイト先の書店で学校唯一の不良アキラが料理雑誌を買いにくるところを目撃してしまいます。翌日アキラに呼び出されたシズカはなんと彼から口封じとしてお弁当をもらうことに。ここから昼休みにアキラからお弁当をもらう奇妙な生活が始まります。お弁当を作ってくる実は心優しいヤンキーに食べ盛りガール。2人のお弁当を通したやりとりはなんだか微笑ましいですね。もちろ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました