『ブラームスはお好き』(新潮社) – 著者: フランソワーズ・サガン – 辻原 登による書評

書評総合

『ブラームスはお好き』(新潮社)著者:フランソワーズ・サガン
Amazon |
honto |
その他の書店
恋の手ほどき
小説の効用に、時の感覚を果実の成熟のように物語の中に閉じこめて捉えるという旨汁(うまじる)がある。就中(なかんずく)、出会いの経緯から、感情と思考が熟れて、やがて燃えあがり、燃えつきて終熄する。つまりきちんとけりがつくという意味で、恋愛小説が時の感覚をつかまえるにうってつけといえるかもしれない。フランソワーズ・サガンの四番目の小説『ブラームスはお好き』は、ポールという男みたいな名前の三十九歳の女の恋物語だ。有能で魅力的な女性だが、彼女を果実の中の虫のように蝕(むしば)んでいるのは、年を取るという意識だ。彼女には六年ごしのつきあいの、ロジェという四十過ぎの男がいる。眠るとき、ひと息にぐっすり眠ってしまうようなこの男との関係にやや倦怠を覚える隙に、シモンという美貌の青年が割り込んでくる。パリ中の女たちが振り返るほどの美しい青年に夢中で愛される、こんなことはもう二度とないだろう。ポールの気持がシモンに傾きはじめる頃、ロジェもメージーという軽薄な女優志願の女と浮気をはじめる。ポールとロジェは週末はいつも田舎で過ごすことになっていた。それをロジェが破って、メージーを田舎に連れてゆく。一人ぼっちで過ごすポールに、シモンから音楽会への誘いの手紙が届く。「ブラームスはお好きですか?」ポールとシモン、ロジェとメージーという新しい恋のカップルが成立して、やがてこの関係がふたつとも壊れて、結局ポールとロジェは古い馴染みの恋、より成熟し、より老いこんだ愛情の中へ還ってゆく。粗

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました