「愚直」と「狂気」のすれすれのライン

書評総合
2021年9月14日(火)。
前々日の日曜日に渋谷のハチ公前の交差点で見かけた一人の男性。
「彼女募集」というノボリを持ち、「結婚していただけませんか?」というタスキを掛けスーツ姿の初老の男。
彼のことを思い出し、ネットで調べ、感慨に耽った。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

「彼女募集」は愚直な努力か狂気の沙汰か
ネットで調べたところ、渋谷のハチ公前に立っていた男性は7年半くらい渋谷で「彼女募集」をしているようだ。
3年前にテレビ東京の番組に出演した時の記録がネット上に残っており、その時点ですでに「4年半」彼女募集の活動をしている、と書かれていた。
その番組の取材からさらに3年が経っているから、7年半ということになる。
60代とのことだが、彼は本当に彼女が欲しくて渋谷の町に毎週末立っているのだろうか。
いや、彼女は欲しいんだろうと思う。
僕が言いたいのは、「渋谷でノボリとタスキ掛けで『彼女募集』と表明して立っていることが、彼女を作るのに最も効果的である」と信じているのだろうか?ということ。
もし僕が60代で、本気で彼女を作りたいと考えるなら、ノボリとタスキ掛けで渋谷のハチ公に仁王立ちはしない。
そもそも渋谷という町、特にハチ公前は、60代の男性に興味を持つ、年齢的に釣り合う女性に出会える確率が極めて低い場所だと思う。
僕だったらそもそも同じことはしないが、100歩譲って同じことをするなら巣鴨の地蔵通り商店街とか、柴又、または浅草あたりを選ぶだろう。
そして、ノボリとタスキ掛け、あと僕は気

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました