マックス・ブルックス『WORLD WAR Z』(文藝春秋)、オルダス・ハクスリー『すばらしい新世界』(光文社)、アガサ・クリスティー 『ナイルに死す』(早川書房) – 速水 健朗による読書日記

書評総合
読書日録
某月某日
豊洲のシネコンで映画『ワールド・ウォーZ』を観た足で、モール内の書店で原作小説『WORLD WAR Z』を購入。映画はブラッド・ピットが八面六臂の大活躍で世界をゾンビから救うが、原作は別物。英雄めいた主人公が登場しない群像劇である。中国の移植用臓器の国際販売や違法移民によって死体が生き返る感染症が広まり、世界は同時多発的なパニック=「Z(ゾンビ)戦争」に襲われる。イスラエルは、防御のために都合のいいパレスチナ難民を受け入れる。イランとパキスタンは、これを機に核戦争に発展。韓国は北朝鮮の動向を過剰に警戒し、軍隊を国境沿いから動かせない。ゾンビパニックは、その国が抱える政治状況をあぶり出す鏡なのだ。パニック後、人ロの多くを失った人類は、以前と違う世界を生きることになる。基軸通貨はキューバペソがドルに取って代わった。日本人は政府の指示を待つうちに事態が悪化、国土を放棄してカムチャツカに移住している。人類は、この厄災を天罰や戒めと考える。戦争が絶えない人類への罰、または行き過ぎた消費社会への戒めとしても受け止める。ある登場人物は、BMWのZ4のボンネット上でセックスをするポルノビデオを観て思う。「もうこんな車、二度とつくれねえだろうなあ」物語は無事ゾンビに対処した人類が、新しい世界をつくろうというところで終わる。ただし、ハッピーエンドなのかどうかは微妙だ。Z戦争後の世界を支配するのは宗教である。ロシアは宗教を主体に新体制を築き、旧帝国時代の領土を回復しようとする。日本では、盲目の武道家がつくるスピリチュアルな自営集団「盾の会」が支持を集めている。この厄災で人類は心を

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました