『Life Changing:ヒトが生命進化を加速する』(化学同人) – 著者: ヘレン・ピルチャー – 中村 桂子による書評

書評総合

『Life Changing:ヒトが生命進化を加速する』(化学同人)著者:ヘレン・ピルチャー
Amazon |
honto |
その他の書店
家畜を通して生きる選択肢検証
猛暑と豪雨の中で、新型コロナウイルスの感染拡大が続き、自然との向き合い方の再考が必要と思わざるを得ない。人間は、生物でありながら、生態系の枠をはずれた生き方をしている唯一の種である。それが人間の特徴ではあるが、その生き方にはさまざまな選択があるはずだ。本書は、家畜を通しての生き方検討の試みである。家畜化などで動物を人為的に変化させてきた歴史と現状の具体例が豊富に示される。始まりは、3・5万年前のオオカミからイヌへの移行だ。ヒトがオオカミを選んだのか、その反対なのかは分からないが、イヌが今も人間の友だちであり、家畜誕生のきっかけになったことは確かだ。家畜の人懐っこさは身体・行動の発達の不完全さと連動しており、構造決定に関わる神経堤細胞の移動の不足など脳機能関連遺伝子の変化によるとわかるなど家畜化にも科学が入り込んでいる。近年、経済効果の大きい性質をもつ個体の精子を用いた人工授精は日常化している。最近ホルスタインでの特定品種で流産が多いのはDNAの一塩基変異によることがわかった。家畜としての選択が遺伝子の欠陥を拡散させていたのだ。「短期的な生産性を優先し、品種の長期的な健康と持続可能性をないがしろにしてきた」という指摘は、家畜を生きものとして見る必要性を示している。「世界に700億頭いる家畜の3分の2は工業的畜産によって飼育されており」その典型はニワトリだ。体重は60年前の4~5倍、成長速度は5倍であり筋肉が

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました