【イベントレポート】主人公の母79歳は大食い、英語使い、小鼓の名手~ペリー荻野 × 豊崎 由美、柴田 錬三郎『御家人斬九郎』を読む~

書評総合
2021年7月の月刊ALLREVIEWS、フィクション部門は元祖『ちょんまげ女子』ペリー荻野さんを迎えて、柴田錬三郎『御家人斬九郎』を読み解きます。「日本史の教養がなさすぎて」時代小説が苦手の豊崎さん。幼稚園前から時代劇を見ていて、20歳を過ぎて時代小説を読むようになったペリーさんに教えを乞います。※対談は2021年7月26日に行われました。※対談はアーカイブ視聴が可能です。
『御家人斬九郎』(集英社)著者:柴田 錬三郎
Amazon |
honto |
その他の書店
柴田錬三郎(シバレン)は眠狂四郎だけではない!
今回、ペリー荻野さんが選んだ作品は柴田錬三郎『御家人斬九郎』。フジテレビで、斬九郎=渡辺謙、斬九郎の母、麻佐女=岸田今日子でドラマ化されたのでご覧になった方も多いのでは。豊崎社長はドラマを見ていないのですが、大食いの麻佐女は、テレ東大食いでおなじみの魔女菅原に匹敵すると、大喜び!麻佐女は、大食いなだけではない。79歳にして、国宝級の小鼓奏者であると同時に、なぜか語学もできるというスーパーウーマン。この小説、最初、新潮文庫で出た時は、斬九郎が介錯をするシーンが表紙なのですが、現在販売されている集英社文庫では斬九郎と麻佐女の姿が表紙に。時代とともに、麻佐女の存在感が増している。昭和の時代に、麻佐女というキャラクターを描けたのはすごいと豊崎さん。「まるで長谷川町子の『意地悪ばあさん』。意地悪は頭が良くないとできない。」柴田錬三郎は1978年に61歳で亡くなります。ペリーさんが紐解く生前のエッセイでは、朝はテレビ局と打ち合わせ、昼食は女優とホテルで、夜には週刊誌連載を書

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました