【シェア読書:838冊目】「学び」を「お金」に変える言葉(井上裕之)

書評総合
【何のために学ぶのか?】
歯科医師・井上裕之氏が、『大人の学びは、必ず社会に受け入れられ、お金という評価に繋がっていくもの』という信念の元、学びをお金に変える感覚を取り込むための54の言葉を授ける。
==================
■1分間紹介文
==================
日々の仕事に追われながら、勉強にも励んでいる。
なのに、生活は一向に好転しない。
このもどかしさから1日も早く抜け出したいのなら、この本の言葉を浴びるべき。
 
本書は、「学び」と「お金」の関係を、『大人の学びは、必ず社会に受け入れられ、お金という評価に繋がっていくもの』の信念の元に、紐解いていく一冊。
あなたの潜在意識までに届き、その能力を引き出す54の言葉を処方する。
 
社会に役立つ学びとは何か。
著者はそれを、知識やスキルを進化させて社会に貢献すること。
このように定義する。
 
いまあなたが持つ知識やスキルを、「社会貢献」のキーワードで見直すと何が見えてくるだろうか。
その中に、あなたが本当に「学ぶ」べきことがみつかる。
 
「社会が求めていること」と「あなたが提供できる学び」
これがイコールになったとき、「学び」が「お金」に変わっていく。
 
◆社会があなたの学びの提供を待っている!

==================
■本がわかる!15の要約ポイント
==================
学びのための学びから脱却して、実際に社会に活かされ、多くの人に支持される技術や考え方に置き換えられれば、必ずそ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました