「貘 -獣の夢と眠り姫-」長月東葭 ガガガ文庫

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは長月東葭さんの「貘 -獣の夢と眠り姫-」です!ストーリー A内容は、電子の代わりに夢を媒体とする通信技術《夢信技術》が発達した世界。共有された夢の世界で人々は睡眠時も経済活動を行うことが可能になっていた。そんな夢の世界に侵入し精神を破壊する悪夢を武力で制圧する貘と呼ばれる存在。貘に所属する瑠岬トウヤは那都神ヨミと薪花ウルカと共に悪夢を狩っていた。そんなある日、トウヤは自身の姉にそっくりな呀苑メイアという少女に出会う。彼女はある願いを叶えるためにトウヤのもとにやってきたという。メイアのことを疑いながらも行動を共にすることを決めるトウヤだが、メイアを狙い恐ろしい悪夢が出現し…とこんな感じです!〜夢の世界で悪夢を狩る〜第15回小学館ライトノベル大賞優秀賞受賞作!作者の長月さんはこれがデビュー作ではなく、以前ドラゴンノベルスで「宵の国戦記」という作品を発表されているようですね。濃厚なSF設定に切れ味鋭いバトルシーンが印象的なSFアクションバトルものでした!面白かったです!まずなんと言っても設定がよかったですね!夢信技術が発達し、現実の世界のみならず眠っている間に夢の世界でも生活ができるようになった世界。そこで発生する悪夢を狩る存在《貘》。こういう設定すごくワクワクします!物語は貘に所属するトウヤ、ウルカ、ヨミの活躍が描かれるところから始まります!この3人のチームとしての戦いや個人の戦いは見事でしたね!ウルカは遠距離が狙撃で、ヨミは剣術を使った近接戦闘で、トウヤは自身

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました