『ゼロエフ』東日本大震災の福島を踏破した小説家の思いを聞け!

書評総合
小説家・古川日出男は福島のシイタケ生産農家に生まれた。三人兄弟の末っ子で、兄と姉がいる。18歳で故郷を離れ家業は兄が継いだ。そして2011年3月11日、東日本大震災が彼の故郷を襲う。2020年夏、福島県内を踏破した作家の記録。
Source: HONZ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました