届いた4冊を紹介する(6)

小説の書評と感想
 最近に手許へ届いた4冊を紹介する。 まず総合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)2021年8月号が、7月14日頃に届いた。歌壇2021年8月号本阿弥書店2021-07-14 数種類ある総合歌誌の内、僕はこれだけを購読している。 次は三浦哲郎「完本 短編集モザイク」である。完本 短篇集モザイク三浦 哲郎新潮社2010-12-01 新潮社、2010年12月・刊、2019年11月4刷、定価:3,080円。単行本として刊行された短編小説集(シリーズの意図あり)「みちづれ」「ふなうた」「わくらば」3冊に、若干の短編小説を加えた本である。僕は3冊を文庫本で読んだが、処分してしまった。作家の晩年の傑作として、手許に置きたく(もちろん読む積もり)、高価ながらAmazonで新本を購入した。 三浦哲郎の文章を読みたい気持ちがしきりに湧くので、メルカリで以下の本を買った。恩愛(おんない)三浦 哲郎世界文化社2005-06T母の肖像―短篇名作選三浦 哲郎構想社1983-01-01 随筆集の「恩愛」と、母物の短編小説を集めた「母の肖像」である。随筆集と銘打った本はこれまで読まなかった。「母の肖像」は新刊というより、これまでの母物を集めたアンソロジーである。2冊は、メルカリでdポイント(期限付き)を使って購入した。少しはみ出したので、ポイント共有者の妻に報告しておいた。写真ACより、鉢植えのイラスト1枚。

Source: 小説

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました