神さまたちのいた街で    早見和真

小説の書評と感想
神さまたちのいた街で著者 早見和真新たな知識を求めてこの本と出逢う。家族と宗教にまつわるお話です。宗教は難しい問題です。昔から争いは宗教と土地絡みです。人は出会いのもと成長していきます。色々な人と出会い、いろいろな考え方と出会い、いろいろな宗教と出会います。そのことにより人は考え方を変えて、より自分に納得できる生き方を探していくのでしょう。それが良いかどうかはまた別の話です。世の中には問題になってる宗教もあります。この物語でも改めて宗教について考えさせられる物語となっております。1つの家族は宗教によってバラバラになっていく、改めて宗教とはどういうものかを考えさせられる物語となってます。長男は一生懸命、宗教にはまっていく両親と戦って行きます。長女はいやいやながらでもその雰囲気飲まれてしまいます。母親はドンドンと宗教にはまり、父親は宗教に生きる意味を見出してしまい、それが嫌でたまらない子供達どうすれば良いのかと考えさせられる1冊です。宗教に関わったことないのでわからないのだが、宗教に関わると言う事はそんなにものめり込むものなのか不思議でたまらない。家族を壊しても、子供を犠牲にしてでも宗教と言うものにはまっていく人たちがこの世の中にはたくさんいると言う事かもしれませんし、いないことかもしれません。今の私には関係ないが、関係あるとしたら考えるものがあると思います。心の支えというのが必要なのかもしれません。その必要な心の支えが宗教であるのか読書であるのかは人それぞれです。私は読書に時間を費やしているが、それは読書ではなく宗教に時間を費やすことにより人生を豊かに生きると言う人がいても悪い

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました