「ミモザの告白」八目迷 ガガガ文庫

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは八目迷さんの「ミモザの告白」です!ストーリー A内容は、冴ない高校生の紙木咲馬。彼には圧倒的なルックスとスポーツ万能、成績優秀な才色兼備の幼馴染・槻ノ木汐がいた。幼い頃は仲が良かった2人だが、咲馬が彼に引け目を感じて自然と疎遠になっていた。同じ高校に通うもそんな汐への劣等感から拗らせ気味の咲馬。そんなある日、夜の公園でセーラー服姿で泣きじゃくる汐の姿を発見する。その後、汐は男子ではなく女子として学校に通うことに。そしてクラスは汐を起点に歪み初めて…とこんな感じです!〜カミングアウトで世界が変わる〜八目迷さんの新作!これまでは季節シリーズと呼ばれる青春×SF(すこし不思議)な作品を手がけられていましたが、3作目にして初の季節シリーズ以外の作品になります。まず言わせてください…めっちゃ面白い!いやまず謝らせてください。八目迷さんの作品は青春にSFがあるから面白いんだ!この作品はそれがないから季節シリーズには…と読む前から若干舐めてかかってました。やられました。ヤバい。やばすぎます。奇跡も魔法もない田舎町の高校生たちの青春がこんなに面白いなんて反則です…!最高に面白かったです!容姿端麗才色兼備な完璧な幼馴染の汐。そんな彼に引け目を感じながら生きる咲馬。田んぼは多いけどイオンとかもあってど田舎というほどの田舎ではない町。人間関係、物語の舞台が最高すぎますね…あと年代もいい。多分2000年代後半から2010年代前半くらいですかね?まだスマホが普及していなくてガラケーを

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました