ナス入りボロネーゼをメッツェ・リガトーニで作った アスパラガスと自家製バジルがポイントで美味い

書評総合
ナス入りボロネーゼ・パスタをメッツェ・リガトーニで作ったのでご紹介。
ボロネーゼというのはいわゆる「ミートソース」。「ボロネーゼ」はイタリア語で「ボローニャ風」。
リガトーニというのは、太っといマカロニみたいな穴があいたショートパスタ。
茹でる時間が長くかかる分、もっちりした食感が好き。
そして「メッツェ・リガトーニ」と「メッツェ」が付くのは、普通のリガトーニよりも短いもの。
「メッツェ」とはイタリア語で「半袖」ということで、普通のリガトーニより「さらに短いパスタ」という意味。
いろいろ凝って作って美味しくできたのでご紹介。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

ナス入りボロネーゼ メッツェ・リガトーニ 材料(1人前)
メッツェ・リガトーニ(ラ・モリサーナ社製) 100g
牛ひき肉 50g
ダイストマト缶 1/2
赤ワイン 50cc
鷹の爪(シチリア産) 4本
無添加コンソメ 小さじ1/2
ニンニク 3片
玉ねぎ小 1/4個
ナス 1/2個
アスパラガス 3本
インゲン 2本
とろけるチーズ 大さじ1くらい
グラーナ・パダーノ チーズ 大さじ1くらい
パルミジャーノ・レッジャーノ チーズ 大さじ1くらい
オリーブオイル 大さじ2
グラスフェッドバター 大さじ1
パスタを茹でる塩 大さじ3
ブラックペッパー 一つまみ
粟国の塩 天日 小さじ1
ぬちまーす 小さじ1
バジルの葉 6枚
ナス入りボロネーゼ メッツェ・リガトーニ 作り方
ナスをオリーブオイルで揚げる
まずはナスをオリーブオイルで揚げ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました