少年たちの遺体を探す旅と猟奇殺人犯「コープスハント」(下村敦史)

小説の書評と感想
下村敦史の「コープスハント」を読みました。8人の女性を殺害したとして死刑判決を受けた猟奇殺人犯が、「1件は俺の犯行じゃない」「真犯人の遺体を隠してきた」と衝撃の告白。遺体を探す旅に出たユーチューバーの3人の少年たちの旅と、真犯人を一人で追う女性刑事とが交互に描かれます。予想のつかない展開と結末に驚かされた1冊でした。↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 にほんブログ村 
Source: 小説

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました