吉田篤弘「つむじ風食堂の夜」を読む

小説の書評と感想
 吉田篤弘・月舟町三部作より、第1作「つむじ風食堂の夜」を読み了える。 入手は今月15日の記事、入手した5冊を紹介する(7)で報せた。
 リンクより、連作第2作の「それからはスープのことばかり考えて暮らした」の感想へ、遡れる。つむじ風食堂の夜 (ちくま文庫)吉田 篤弘筑摩書房2005-11-01 月舟町の食堂(店主はフランスで修行した事があるが、今は安食堂を営んでいる)、つむじ風食堂(元は名無しだが、客が自然にそう呼ぶようになった)の常連客、先生と呼ばれる私(降雨の研究を目指すが、今は売文に追われている)、帽子屋の桜田さん、果物屋の青年、古本屋の親方、売れない女優・奈々津たちの物語である。侘しい街の住人ながら、サラリーマンは一人も現れない。 善良な人々だが、悪意ある人々に追いやられたような、生活を送っている。私は昔、戯曲を書いた事があるから、女優・奈々津に台本を書くよう頼まれ、「ね?わたしを助けてやってください。女優・奈々津を女にしてください」とまで言わせながら、煮えきらない程である。 ノスタルジックな、ファンタジーめいた小説である。村上春樹もファンタジックな小説を描くけれども、彼には社会性があり、悪への反撃を含む。読み了えて、ああ良い小説だったなあ、で済んでしまっては、読み捨てられる可能性が大である。 写真ACより、鉢植えのイラスト1枚。

Source: 小説

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました