『臨床の砦』(小学館) – 著者: 夏川 草介 – 北村 浩子による書評

書評総合

『臨床の砦』(小学館)著者:夏川 草介
Amazon |
honto |
その他の書店
〈第三波〉当時の感染症指定病院がどのような状況だったか。現役の医師が時間を削って書いた、渾身の報告
「新型コロナウィルスの感染拡大で医療体制が崩壊の危機」という定型の文句を、ここ数か月何度も目にし、耳にしている。崩壊したらどうなるのだろうとぼんやり思うが、思考はそこで止まってしまう。分からないし怖い。だから想像したくない……。この小説を読み始めてすぐ、考えようともしなかった自分を深く恥じた。医療関係者たちは、危機どころかすでに崩壊している中で、懸命に持ちこたえながら闘っているのだ。これは現役の医師が時間を削って書いた、渾身の報告だ。2021年の年明けからの約1か月、いわゆる「第三波」当時の感染症指定病院がどのような状況だったかを、フィクションの形で綴った記録なのである。物語は40代の消化器内科医、敷島寛治に焦点を当てて語られる。彼が勤務している長野県の信濃山病院は「コロナ診療の最前線」だ。呼吸器の専門医はおらず、専門外の内科医と外科医が集まった混成チームで対応に当たっている。重症患者を搬送できる医療機関は、一か所しかない。一般診療を継続しながらの診察は熾烈を極める。発熱外来に並ぶ車に防護服を着た看護師がiPadを渡し、医師とオンラインでやり取りする。端末をうまく操作できない人ももちろんいて、病状把握は忍耐の連続だ。感染症病床を六倍に増やし、クラスターが発生した介護施設の高齢者を受け入れ、ぎりぎりの上にぎりぎりの状況が重なっていく。日々必死に理性を保ち、最善を尽

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました