届いた2冊と1セット

小説の書評と感想
 最近に手許へ届いた2冊とCD2枚1組を紹介する。 まず所属する結社歌誌「覇王樹」の7月号が届いた。 同・6月号の感想は、今月18日の記事にアップした。
 7月号の僕の「葉が見えくれば」6首・他は、僕のもう1のブログ「新サスケと短歌と詩」の6月26日以降の記事に3分載したので、横書きながらご覧ください。
 メルカリで注文した、思潮社の現代詩文庫125「続・白石かずこ詩集」が届いた。続・白石かずこ詩集 (現代詩文庫)白石 かずこ思潮社1994-09T 現品には帯がある。 同・文庫の「続続・辻征夫詩集」は読んでいる最中であり、先日に届いた「続・岩田宏詩集」は手を付けていないのに、困った傾向である。 若い日に、同・文庫「白石かずこ詩集」を読んで、感激した思い出がある。 今月18日に亡くなった、エレキギタリスト、寺内タケシを偲んで、AmazonよりCD2枚組セット「ミスター゛エレキ″ザ・テリー・ワールド」を買った。寺内タケシとブルージーンズで、民謡・編曲12曲1枚、クラシック・編曲12曲1枚を収める。ミスター"エレキ"ザ・テリー・ワールド寺内タケシとブルージーンズKM MUSIC2020-11-11 曲引きの天才として、民謡とクラシックの編曲で1山当てたギタリストとして、僕は賛嘆する。ギターの運指と編曲に賭け、命がけだった。前にも民謡1枚、クラシック1枚のCDを持っていたが、処分してしまった。亡くなった事を聞き、どうしても手許に置きたく、2枚セット:2,200円+送料:598円を注文した。Amazonでは、Prime Music UnlimitedやMP3でも販売していたが、僕はセパレ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました