「キミの青春、私のキスはいらないの?」うさぎやすぽん 電撃文庫

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのはうさぎやすぽんさんの「キミの青春、私のキスはいらないの?」です!⚠︎ネタバレありですストーリー A内容は、高校生にもなってキスしたことないって病気じゃない?という言葉を見て完璧主義者で医者を志す黒木光太郎は苦悩する。そんな中で出会ったのは軽いと噂される日野小雪という女子生徒。意味のないことも大切で愛おしいという彼女に対し、完璧主義者の光太郎は反発する。そこで小雪からキスをしたくなったら負けという勝負を挑まれる。光太郎は小雪に振り回されながらも自分にはないものを持っている小雪から目が離せなくなり…とこんな感じです!〜キスがなんだっていうんだ!〜うさぎやすぽんさんの新作!めっちゃくちゃ待ってましたよ!すぽんさん!僕たちが置いてきた青春の全てを体現できるのはすぽんさんしかいないんです!本当に待ってました!とにかく新作が出てすごくすごく嬉しいです!そして待ちに待った新作がはちゃめちゃに面白い!うさぎやすぽんさんの帰還!最高でした!面白かったです!まず序盤。河原で野良猫で戯れているところを日野に見つけられます。野良猫を応援している光太郎を見て意味のないことだという日野に無意味なんかじゃない!と叫ぶ光太郎。あぁ青春。うさぎやすぽんさんの書く青春だ。この時点でこの作品は絶対に面白い!と確信を得ました。そして始まる普通じゃないことに悩む青春の日々。とにかくモテるイケメンの霧山とストーカー紛いのことをするオタコンと幼馴染でどんくさい純。キスをしたくなったら負けという勝負を日野

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました