「意志の力」に頼らない生き方

書評総合
意志の力に頼っても、ものごとはなかなか上手く進みません。
こんにちは。ビジネス書作家・ブロガー・心理カウンセラーとして活動する立花岳志です。
僕はライフスタイル、ワークスタイルの最適化を追求しています。
仕事のパフォーマンスを最大にして、短時間で気持ち良く稼ぐことを目指しています。
そんな僕のモットーの一つに、「意志の力に頼らない」があります。
今回は「意志の力に頼るのは止めよう」というテーマで書いてみたいと思います。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

そもそも「意志の力」はアテにならない
昨日こちらの記事を書いた。
やる気が出ない日の乗り切り方
「やる気が出ない日」というのは、なくそうと思ってもなくなるものではない。
なぜなら、我々の意志の力というのは、簡単に枯渇してしまう、アテにならないものだからだ。
僕の持論は、「そもそも意志の力はアテにならないもの」という原則の上に成り立っている。
たとえば風邪をひいて熱があったり、腹痛で体調が悪いとき、難易度の高い仕事をハイパフォーマンスで発揮できるだろうか。
僕にはとても無理だ。
また、病気までいかなくても寝不足、二日酔い、低気圧や暑さ、寒さなどの要因で「体調が良くない」「怠い」「眠気が取れない」など、調子が出ない日にも「意志」は簡単に枯渇する。
体調不良以外にも、お酒やタバコ、甘いお菓子やスイーツ、ふぁスフードなどの誘惑に負けてしまうのも、そもそも「意志の力はアテにならない」ことを良く現している。
だから僕は、「意志の力に頼らない方法」を採

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました