『天国までの百マイル 新装版』(浅田次郎)_書評という名の読書感想文

小説の書評と感想
『天国までの百マイル 新装版』浅田 次郎 朝日文庫 2021年4月30日第1刷

天国までの百マイル 新装版

不況のあおりを受け、会社も金も失い、妻子とも別れた40歳の主人公。心臓病を患う母の命を救うため、天才的な心臓外科医がいるという病院をめざし、奇跡を信じて百マイルをひたすら駆ける。親子の絆、男女の悲しい恋模様を描いた感動の傑作長編。(朝日文庫)

If you miss the train I’m onYou will know that I am goneYou can hear the whistle blowA hundred milesA hundred miles,A hundred milesA hundred miles,A hundred milesYou can hear the whistle blowA hundred miles

もしもあなたが汽車に乗り遅れたら私は行ってしまったと思って汽笛が聞こえるでしょう百マイルの彼方から百マイル 百マイル百マイル 百マイル汽笛が聞こえるでしょう百マイルの彼方から

ピーター・ポール&マリーの 「五百マイルも離れて」 という曲をご存じだろうか? 哀愁を帯びたメロディーに乗せて歌う別れの歌は、この小説によく似合う。要所要所に出てくるこの歌は、誰が歌う、誰に向けた歌なのでしょう? そんなことを考えました。

この 『天国までの百マイル』 はきわめてシンプルな、いい話である。会社も金も失い、妻子にも別れたろくでなしの中年男の安男が、心臓を病む年老いた母の命を救うため、奇蹟を信じ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました