やる気が出ない日の乗り切り方

書評総合
やる気が出ない日は誰にでもあるだろう。
そんな一日をどうやって乗り切るか、自分ならどうするか考えてみた。
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

やる気がなくてもできることをする
やる気がないときに、一番やってはいけないことは、「やる気が必要なことを無理にする」ことだと僕は思っている。
もちろん締め切りの関係でどうしてもやらなければならないケースなどもあるだろう。
それでも僕は、やる気が出るまで他のこと、やる気がなくてもできることから始めることをオススメする。
僕の例でいうと、長い文章を書いたり、書籍やセミナーの企画を練ったり、セミナー資料を作ったりすることは、かなりの「やる気」を必要とする。
クリエイティブな作業には、「これが正解」という決まった形はない。
やる気がないまま作り始めてしまうと、「やる気がない結果」がアウトプットされてしまう。
たとえばブログ記事を書く気になれないなら、事務的なメールやメッセの返信などからスタートする。
事務仕事などをちょこちょこやっているうちに、徐々にエンジンが掛かってきて、やる気が出てくることもある。
「お、ちょっと乗ってきたかな?」くらいになってから、やる気が必要な仕事をちょっとだけやってみる。
それで気分が乗ればそのまま続けるし、やっぱりイヤなら止めて、また別の軽い仕事なり家事をやってみる。
身体を動かす
僕の場合は、やる気が出ないときには身体を

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました