社内新規事業コンパス

書評総合
技術開発だけで新規事業が立ち上がるのは昔の話
かつて、日本のメーカーは世界に先駆けて独自技術を開発し、製品化を行い、大量生産で一気にシェアを獲得することがお家芸だった。その勝ちパターンを支えてきたのは「もの作り」の技術だった。他社よりも優れた技術があれば勝てた時代、研究開発から製造、販売まで一貫して自社で行う「垂直統合型」が日本メーカーの強みだった。
ところが時代は、水平分業型、さらにはサービスの多様化へと変化しており、独自技術へのこだわりを捨て、新たなビジネスモデルを作り上げることにエネルギーを注いだ企業が生き残っている。素晴らしい独自技術を開発できたとしても、市場が受け入れなければ全く意味がない。顧客にとっては「技術の良し悪し」よりも「自分にとって価値があるかどうか」が重要である。従って、自社技術だけにこだわるのではなく、他社が持っている技術と上手く組み合わせていく方が、現在では新規事業が立ち上げやすくなっていると認識する必要がある。
 
サービス化の時代になった今、ターゲットとする顧客に触れながら、顧客のニーズを引き出すことで、顧客に何とか製品を売ろうとするのではなく、顧客と対話しながら顧客中心に考えていくことが大切である。大事なことは「顧客の真の課題は何か」を見つけることである。単に顧客の要望を聞くのではなく、顧客が解決を必要としていること、困っていることを顧客と対話しながら見出すようにする。
 
新規事業では「人との関係」が最も重要
新規事業はゆるやかな立ち上がりをしていても、あとで大化けしたり、逆に最初から調子が良くても一気に駄目になったりするこ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました