「夢の国から目覚めても」宮田眞砂 星海社FICTIONS

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは宮田眞砂さんの「夢の国から目覚めても」です!ストーリー A内容は、百合同人漫画家として活動する有希は同じく百合同人で活動する由香のことが好きだった。しかし由香はヘテロで好きという気持ちを伝えられずにいた。由香には彼氏もいて自分とは違う。そう思っていたある日、由香が彼氏と別れる。有希は自分の気持ちを由香に伝えようとするが…とこんな感じです!〜この好きは伝わらない〜宮田眞砂さんの新作。星海社FICTIONS3月刊の作品です。個人的には初挑戦の作家さんですね。百合もの!いやっふーと読んでいたらグサグサと突き刺さる言葉と二人の関係性にやられてしまいました…はちゃめちゃに好きです…百合同人漫画家として活動する大学院生の有希と同じく百合同人漫画家として活動する由香。二人は同人仲間として交流があり仲良し。有希はレズビアンで由香のことが好きだけど、由香には彼氏がいてヘテロ…という近くて遠い関係が見えてくるところから物語は始まります。最初は有希の同人に対する熱とか、由香の天真爛漫で妖精みたいなところとか、二人の関係に尊い…と思っていましたが、百合というファンタジーではなく現実が襲いかかってきます。彼氏と別れた由香。由香に想いを伝えられない有希。由香が有希を好きな「好き」とは決定的に異なる自分の好きに迷い向き合いながらも立ち向かっていく有希の姿は鮮烈に脳裏に刻まれます。そしてお話は由香視点へ。由香が有希に何を思っていたのか、百合というジャンルに対してどのような想いを抱いているの

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました