届いた4冊を紹介する(5)

小説の書評と感想
 最近に手許に届いた4冊を紹介する。 僕はNumber誌の「藤井聡太と将棋の天才」Kindle版をダウンロードし、感想を昨年9月14日の記事にアップした。
 今度、同誌の「藤井聡太と将棋の冒険。」(2021年1月・刊)をメルカリで見つけ、300円(送料・込み)で購入した。Number(ナンバー)1018号「藤井聡太と将棋の冒険。」 (Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー))文藝春秋2021-01-07 所属する短歌結社「覇王樹」の顧問・渡辺茂子さんが、第3歌集「アネモネの風」を贈って下さった。 第2歌集「湖と青花」を贈られた時の感想は、2019年10月5日の記事にアップした。
 「アネモネの風」は、2021年5月31日、不識書院・刊。427首、183ページ。画像が間に合わないので、失礼します。 ぶんか社のマンガ誌「ご近所の怖い噂」vol.167を、Amazonより購入した。ブログの先輩、暁龍さんの「40歳の夜明け」モノクロ32ページが載るからである。430ページ、730円。ご近所の怖い噂 167 (ほんとうに怖い童話 2020年12月号増刊) [雑誌]ぶんか社2020-10-28 暁龍さんの活躍ぶりは、今月1日の記事、「6月のカレンダー、2種を紹介します」をご参照ください。
 メルカリの「保存した検索条件」で「三浦哲郎」を検索すると、新刊部門で「盆土産と十七の短編」(中公文庫)があり、ポイントで購入した。 その前の三浦哲郎・作品・読了は、先の5月5日の記事にアップした長編小説「素顔」である。
盆土産と十七の短篇 (中公文庫)三浦 哲郎中

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました