『命を落とした七つの羽根: カナダ先住民とレイシズム、死、そして「真実」』(青土社) – 著者: タニヤ・タラガ – タニヤ・タラガによる前書き

書評総合

『命を落とした七つの羽根: カナダ先住民とレイシズム、死、そして「真実」』(青土社)著者:タニヤ・タラガ
Amazon |
honto |
その他の書店
1966 年、12 歳のチャーニーは、カナダ政府が先住民族の同化政策として制度化した寄宿学校から逃げ出す途中、線路上で凍死した。死因審問の結果、悲劇を繰り返さぬよう四つの勧告が出されたが、なんら改善策はとられなかった。それから四半世紀以上経った2000年から2011年の間、オンタリオ州のサンダーベイ市で7 人の先住民の高校生が死亡した。うち5 人は、先住民の聖地の麓を流れるカイ川で遺体となって発見されている。高校卒業の資格を得るために、彼らは故郷から何百マイルも離れた都会で暮らしていた。将来への希望を見つける機会となるはずが、彼らが経験したのは、日常に溢れる先住民への差別と人々の無関心、そして堪え難い孤独であった。七人の若い羽根たちが辿った生と死の軌跡を丹念にたどり、彼らの家族や先住民族の物語をとおして、カナダ建国の植民地時代から今日まで続く人種差別や文化的ジェノサイドの実態を鮮明に描き出した『命を落とした七つの羽』の序文をご紹介いたします。
多様性の国カナダでの人種差別の実態
「なぜ、カナダでこんなことが?」これは『命を落とした七つの羽根』の読者から、私に寄せられる最も多い問いの一つだ。こうした質問をしてくるのは大体、非先住民で、正直なところ、私はどう答えたら良いのかわからない。彼らの目に浮かぶのは、悲しみと信じられないという思い。それを見ると、彼らが知っているカナダ、彼らが育った国、あるいは彼らが到着したばかりの国につ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました