「クラスに銃は似合わない。」芝村裕吏 MF文庫J

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは芝村裕吏さんの「クラスに銃は似合わない。」です!⚠︎ネタバレありですストーリー B内容は、父親が作った世界初のネットベイビー…AIの子供である妹の瑞穂。彼女をきっかけに家族がめちゃくちゃになったしまった田中は瑞穂を維持するのに必要な維持費を稼ぐために殺し屋を目指す。だが、田中が仕事を求めた会社が彼の適正を護衛としたことから谷城という少女を守るために中学校に潜入することに。AIの妹と共に謎の敵に狙われる谷城を守るために護衛任務を開始するが…とこんな感じです。〜AIの妹と護衛ミッション〜芝村裕吏さんの新作。初挑戦の作家さんですね。個人的には合わないというか、この作品の面白さを感じることができませんでした。以下面白いとは言わないので見たくない方はここで終わりで。まず物語の目的がよくわからないです…AIの妹の維持費を稼ぐために護衛任務をやるのはわかるんですよ。でもなんか一途じゃないというか、本当に妹のために戦ってるの?感が終始ありました。そもそも瑞穂ってその気になれば彼女一人で維持費くらい稼げるのでは?あとは半端にラブコメしようとしているのが…谷城という護衛対象の女の子と仲良くなるのはいいんですけど、結局妹が1番なので変に仲良くなれないですし…あと中途半端に出てくる三つ葉葵千もよくわからないです。結局彼女はこの物語の中で何をしたんですか…?面白くなる要素はいろんなところに散らばっているんですけど、それぞれが全く噛み合っていなくてストーリーもよく見えてこない。そんな印

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました