『ミルクマン』(河出書房新社) – 著者: アンナ・バーンズ – 小川 公代による書評

書評総合

『ミルクマン』(河出書房新社)著者:アンナ・バーンズ
Amazon |
honto |
その他の書店
分断の向こう側に出る語り
「サムバディ・マクサムバディが私の胸に銃口を押し当てながら私を猫呼ばわりし、殺してやると脅したのは、ミルクマンが死んだのと同じ日だった」という衝撃の一文からこの小説は始まる。一九七〇年代の北アイルランド紛争を背景に描かれているが、その現実から目を背けて「古い本」に埋没したいと願う十八歳の少女「私」はそれらの本を読みながら歩くという風変わりな習慣を持っている。表題の「ミルクマン」は実は牛乳配達人ではなくIRA暫定派を彷彿とさせる武装組織のリーダー的存在であるということからも分かるように、この小説はさまざまなアイロニーを孕んでいる。中年で既婚者の「ミルクマン」がなぜ「私」の生活習慣を知っていて、馴々しく振る舞うのかという不可解さもさることながら「私」だけでなく、彼女の家族やボーイフレンド(メイビーBF)もみな固有名がないのも腑に落ちない。しかし、この〝名無し〟の設定を個性が剥奪されるディストピア小説の系譜に連なるとみなすなら、遍在的な匿名性こそが「私」を所有しようとするミルクマンの不気味さをさらに増幅させていると言えよう。また、「私」とミルクマンが男女関係にあるという誤解が、不安定な政治的分断が生み出す「大義」の名の下でねじ曲げられ「真実」として拡散し、母親や姉を含むコミュニティの人々がその「真実」を無批判に信じ込む事態も不気味である。つまり、この小説のもっとも鋭いアイロニーは、無防備ともいえるこの少女の語りが、武装組織が体現する家父長的支配やその価値

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました