辻征夫「未刊散文作品」と「エッセイ・対談」を読む

小説の書評と感想
 思潮社の現代詩文庫155「続・辻征夫詩集」より、「未刊散文作品」2編と、「エッセイ・対談」6編を読む。 先行する詩集、「俳諧辻詩集」から、は今月24日の記事にアップした。 リンクより、関連旧記事へ遡り得る。 「散文作品」の(1)は、「透明な地図—遠い岬」である。「ぽっかり空に浮かんでいる、白い雲。ああいうものがぼくは好きで、ほかのものはほとんど嫌いで、・・・」。詩人とは、異性の顔よりも雲を眺めているのが好きな人だ」という俗説に従えば、辻征夫は少年時代から詩人である。海辺のビーチパラソル下の、妻、娘2人との場面に移って、近くの娘さん達に羨ましがられる。でも早熟だった長女は、5歳になる前に大病をして、後遺症を恐れられている。前日、肺癌後期(手術しなければ余命半年)の父の、治療の方針決定を迫られてもいた。 (2)は「越路吹雪」である。越路吹雪のエピソードを引きつつ、詩集発行という踊り出しを語る。「作品は作品に支えられ、・・・」と、詩編の関連付けを意識している事がわかる。 エッセイは4編である。「むきだしの悲しみ—中原中也の詩」は、喧嘩を含む奇行で周囲を悩まし、30歳で逝いた中原中也の心性を探る。詩を引いたあと、「かつてのダダさん、中原の到達点の深さを感ずるのである。」と称揚するけれど、宗教がかった境地で、僕は採らない。僕は6巻本の「立原道造全集」と「中原中也全集」を持っており、立原道造6巻は通読したが、中原中也6巻は押し入れの中である。 「立原道造という装置」は、立原道造と辻征夫自身の共通点の多さに驚いている。「おそらく、詩人とはその時代の言葉が通過する場所であり、装置であろう」と

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました