同人詩誌「青魚」No.94より、僕のソネット(3)

小説の書評と感想
 今日2回めの記事更新です。 昨日に続き、同人詩誌「青魚」No.94より、僕のソネットの3編めを紹介します。
  ぼける    新サスケ秋に入って 毎夜の風呂湯は僕が溜める 先に入るさて体を洗いおえて髪を洗った覚えがないいつも洗髪は 浴槽につかって頭をつき出して洗うのだが今夜はそれを済ませたか覚えていない髪に手をやって洗ったことにするもう一度 湯に浸る髪をタオルで拭いて濡れ方は洗ったらしいこほこほと妻が咳をしている 写真ACより、「バスルーム」のイラスト1枚。

Source: 小説

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました