煉獄杏寿郎400億スペシャル 特別号 柱と空想デート 「おいで」

小説の書評と感想
  煉獄杏寿郎400億スペシャル 特別号柱と空想デートー杏寿郎の恋人になったならー より抜粋      「おいで」  夕暮れの散策路は川のせせらぎと木立の揺れる音がするほかはふしぎとひっそり静かだった。雲から差し込む無数の光が、杏寿郎の髪の毛と同じ色で降り注ぐ。 水面に映る葉陰も赤と金に煌めく。山鳥が飛んでいった。  前を行く杏寿郎が手を差し出す。  「木の根が張っているから気をつけて」 金色の幸福にふらついているのをでこぼこの山道のせいだと思ったのか、杏寿郎の声音は柔らかい。たしかな足取りで大股に歩いては先を行き過ぎたと立ち止まり、待っていてくれる。  そっと重ねた掌が温かい。 なめらかそうだと思った杏寿郎の手は硬く厚かった。ごわごわとしたその手がやさしくそっと握ってくれた。                   お祭り4日間スケジュール 『煉獄杏寿郎400億の男 炎のわっしょい祭り ridia会場 スケジュールと説明』鬼滅の刃無限列車編興行収入400億超え達成おめでとう!お祝いに煉獄杏寿郎400億の男祭りを開催いたします。主催はりんしおさんです。400億男祭り期間は4日間2…ameb

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました