『蔗軒日録・盲聾記』(八木書店出版部) – 著者: – 川本 慎自による自著解説

書評総合

『蔗軒日録・盲聾記』(八木書店出版部)
Amazon |
honto |
その他の書店
いまから約500年前に書かれた室町時代の禅僧季弘の日記『蔗軒日録』。季弘は数多くの訪問者と出会い、その時の会話が日記『蔗軒日録』に残されている。禅僧の普段の生活では触れることのない目新しいものであったようで、季弘は詳細に日記に書き留めている。ではそれはどんな話だったのだろうか。
平家物語と中国語の発音―室町時代の禅僧が見聞きした中世人の肉声とは?
季弘大叔と3人の来客 
蔗軒日録(しゃけんにちろく)は、室町時代の東福寺僧・季弘大叔(きこうだいしゅく、1421-1487)の日記である。季弘の生国が備前国であることから、「吉備」と音通の「蔗(きび)」をとって「蔗軒」と名乗ったのが書名の由来である。文中には「甘蔗庵」と名乗っているところも見られる。日記が残存するのは、季弘が晩年に堺・海会寺(かいえじ)に住した時期、文明16年(1484)から18年にかけての足かけ3年のもののみであり、同じ東福寺僧の太極(たいきょく)の日記『碧山日録(へきざんにちろく)』に比べれば極めて短い。ちなみに太極と季弘は同年の生まれで親交があり、互いの日録にしばしば登場している。このように短い期間の日記ではあるが、季弘はこの間さまざまな人との交流を持っている。なかでも頻繁に海会寺を訪れて季弘の関心を引いた者が3人いる。琵琶法師の城菊(じょうぎく)・宗住(そうじゅう)と、還俗した元禅僧の金子西(きんしせい)である。これら3人から耳にする話は、禅僧の普段の生活では触れることのない目新しいものであったと思しく、季弘は

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました