『石を放つとき』(二見書房) – 著者: ローレンス・ブロック – 堀江 敏幸による書評

書評総合

『石を放つとき』(二見書房)著者:ローレンス・ブロック
Amazon |
honto |
その他の書店
年を重ねた探偵が生む厚み
ローレンス・ブロックがマットことマシュウ・スカダーというアル中の私立探偵を主人公にしたシリーズ第一作、『過去からの弔鐘』を刊行したのは、一九七六年のことである。以来、四十五年の歳月が流れた。邦訳紹介されたのが八七年だから、日本語でスカダーと出会った読者も、すでに三十数年の年を重ねている。ニューヨーク警察の刑事だったスカダーは、強盗殺人犯を追跡中、自分の発した流れ弾でひとりの少女の命が奪われるという痛ましい出来事をきっかけに妻子と別れ、職を辞した。酒におぼれる無免許の私立探偵は定型のうちである。スカダーの一人称に特別な響きがあったのは、アルコール依存症の自主治療の会に顔を出して過去を悔い、わずかでも前を向こうと怯えながら弱さをさらけ出し、さらけ出すことで弱さを認める強さを得ようとしていたからだ。八八年に邦訳された『八百万の死にざま』は、弱者への眼差しと、自己崩壊寸前で持ちこたえているスカダー自身の脆さへの信頼の深さにおいて輝いていた。もっとも、全十七作を数えるシリーズのうち、酒に溺れた私立探偵が登場するのは最初の五作のみである。スカダーがスカダーとして真の一人称を獲得するのは、依存症を克服し、飲んでいた時代を振り返るようになったあとのことなのだ。過去の回想と語りの現在が交錯し、物語に距離と厚みが生まれる。その厚みを安定的に更新していくには、主人公が年を重ねていかなければならない。スカダーの年齢が作者とおなじ五十五歳に設定されたのは九四年の『死者の長

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました