【シェア読書:839冊目】仕事の結果は「はじめる前」に決まっている(大嶋祥誉)

書評総合
【ミニマム思考のススメ】
マッキンゼー出身の大嶋祥誉氏が、仕事のスピードが上がる中、限られた時間で、最高の質のアウトプットを出すコツを紹介。「はじめる前」に仕事の結果が決まる「段取り力」が身につく。
==================
■1分間紹介文
==================
今から車で旅行に出かける。
運転手であるあなたは、目的地までの地図を確認してアクセルを踏み出します。
同じように目的(地)がある仕事において、あなたは地図をきちんと用意していますか?
 
本書は、限られた時間内に最高のアウトプットを出すために、すべてのビジネスパーソンが今すぐ身につけるべき、ミニマム思考を紹介した一冊。
 
ミニマム思考とは、
価値を生み出す最も重要なことに集中して、最小の力でそれを成し遂げる思考法。
 
・価値を見出すためのスキル
・価値を実現するために最も重要なことを見極めるためのスキル
・見極めた最も重要なことに集中するためのスキル
・集中して成し遂げて結果を出すためのスキル
ミニマム思考の定義の一文には、パッと読んだだけでも、これだけのスキルを身につける必要がある。
 
これらのスキルを、マッキンゼーに入社した新人は三カ月で身につけると著者はいう。
果たして、どれだけ身につけていますか?
5年、10年、20年とビジネスの世界で経験を積んでいる先輩のアナタは。
 
「最小の力で最大の成果を手にする」ミニマム思考。
ぜひこの機会に、磨きあげましょう!
 
◆最

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました