「隣のクーデレラを甘やかしたら、ウチの合鍵を渡すことになった2」雪仁 電撃文庫

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは雪仁さんの「隣のクーデレラを甘やかしたら、ウチの合鍵を渡すことになった2」です!前巻の記事↓
ストーリー A内容は、夏臣の隣室に引っ越してきたユイと一緒にご飯を食べるのが当たり前な日常。学校では相変わらずクーデレラと称されるものの、夏臣の前では笑顔も多くなってきたユイ。そんな2人の関係に徐々に変化が訪れる。些細な日常の中で夏臣もユイもお互いがお互いに抱く気持ちに気づきはじめる。そして2人は花火大会デートをすることになるが・・・とこんな感じです!〜お互いの気持ちに気づいていく〜シリーズ第2弾!1巻ではまだ距離があった夏臣とユイの2人の間に壁がなくなり、徐々に距離を近づけて自分の気持ちに気づいていく過程がグッドでした!面白かったです!まず序盤。プロローグで見せる2人の日常が非常によいですね…ちょっとした買い物の描写で垣間見えるユイの可愛さを見ると、1巻のまだ夏臣に対して壁があったユイを思い出して非常にニヤニヤしちゃいますね!そしてアルバイト先の教会でユイがウェディングドレスをきて写真を撮ることに!このシーンのユイははちゃめちゃに可愛かったですね…いいお嫁さんになりそうです…そしてご飯を食べたり一緒に学校生活を送っていく中で徐々に自分の中の気持ちに気づいていく2人。これまではなんとか一緒にいて安心する、この人なら信用できるという感じだったのが、恋心に変換されていって…特にユイの気持ちの自覚は可愛かったですね…夏臣に対してどんな気持ちでいるのか、どういうところが好き

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました