「義妹生活2」三河ごーすと MF文庫J

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは三河ごーすとさんの「義妹生活2」です!前巻の記事↓
ストーリー A内容は、親の再婚を機に学年一の美少女・綾瀬沙季が義妹となった浅村悠太。同い年の女子と一つ屋根の下に暮らすことにも徐々に慣れ、適度な距離感で接していた2人。そんあある日、沙季が現代文のテストで赤点を取ったことをきっかけに悠太は彼女のサポートをすることに。勉強に集中できる音楽を探したり、勉強方法を教えたりと沙季が再テストで合格できるように応援する。しかし悠太がバイト先の栞先輩と映画館デートをしたことをきっかけに沙季の中にある感情が浮かび上がるが…とこんな感じです!〜この気持ちはなんだ?〜シリーズ第2弾!コミカライズや大規模な重版も決まりMF文庫Jの期待のニューフェイス的な立ち位置の作品ですね!今回も悠太と沙季の微妙な距離感や感情の揺れ動きなど義兄妹の関係性が見事なラブコメを存分に楽しませていただきました!面白かったです!まず序盤。期末テストが返却されます。もちろん頭の良い悠太とそれに劣らず、というかむしろ悠太よりも高得点を叩き出している沙季。見た目ギャルですけどインテリなところが流石沙季さん…って感じですよね…しかしながら現代文でまさかの赤点。再テストを受けることに。現代文ができない沙季の理由がなんとも彼女らしくて好きですw そして沙季が再テストで合格できるようにサポートをすることに決める悠太。勉強に集中できる音楽を探してきたり、勉強方法を教えたりと沙季に普段ご飯を作ってもらっている分、彼女のこと

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました