コメントの数

小説の書評と感想
みなさん、コメントしますか? コメントってもらうと嬉しいですよね〜 そりゃ「いいね」も嬉しいし「リブログ」も嬉しいけど、コメントって直接のやり取りだから更なる親近感が湧きます。友だち感倍増。 コメントしてくれてありがとう! いつもありがとう!とても嬉しいし、喜んでます。   (感謝してる態度か)     そんなわたしはよそさまのブログにも気軽にコメントしちゃう(とくに挨拶もしないで言いたいことを言っていく傍若無人スタイル)んですが、やめとこ、と思うシチュエーションがあります。   それは、コメントの数。   あんまり数が多いと書きにくいなーって思いません?  数十以上のコメントだと、ブログ主、コメント返しが大変だろうなって思うんです。とくに返信が長文で丁寧な方だと申し訳ない気分になります。 似たコメントが続いたら返事も同じになっちゃうし、言いたいことを他の人が書いてくれてると、まあわたしが書かなくてもいいか、って。 「コメント返信が遅れててすみません」なんて一文があると、疲れちゃってないかな〜って心配になります。 (わりと何回も言ってるけど)ブログって暇つぶしだったり趣味や楽しみのためのもの。義務やストレスのモトになったら本末転倒じゃない? 書いて更新することでお金が発生してるんなら話は別だけど、たいていの人にとってはお仕事じゃないんだから。

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました