マクドナルド化する世界経済の読書と足跡 ベンジャミン・フルフォード 読書感想

小説の書評と感想
マクドナルド化する世界経済著者 ベンジャミン・フルフォードTPPで日本人の「いのち」が危ない!食物メジャーが画策する「人類総家畜化」の真実とは?「闇の支配者と戦うジャーナリスト」から「いのちを守るジャーナリスト」へ…渾身の書き下ろし!いま、世界の117の国と地域に「マクドナルド」が存在する。「マクドナルド」が象徴するのは、たんなる「グローバリズム」ではない。「食糧メジャー」の「支配」のシンボルなのだ。本書の目的は、マクドナルドという一企業の批判でなく、マクドナルドに象徴される巨大企業の食支配、そしてその影響を受けたビジネスモデルについて言及することにある。もしマクドナルドのハンバーガーが「餌」とすれば、どうだろうか。それを食べ続ける人たちもまた「家畜」となってしまうだろう。それが、いま起こっている「現実」なのである。(「はじめに」より)●把握が容易ではない「食糧メジャー」の全貌●人は「白い食品」に引かれる●人間の本能に訴える「究極の肉」の出現●貧困化する肥満層は「闇の支配者」の家畜である●「マクドナルド化」を実践して成功したユニクロ●「マクドナルド化」=「ブラック企業化」=「人類奴隷化」●労働者の「夢」を食らう者たち●マクドナルド、CIAを結ぶ「点と線」●西洋医学、優生思想、ナチズムから生まれた「闇の支配者」●ロックフェラー、モンサントがしかけた「グリーン革命」●食糧メジャーが操る「モンスター食品化」の恐怖●TPPと水資源による「日本占領プラン」とは●「日本化」したマクドナルドが「世界標準」になる日 ほか【目次】序章 なぜ、僕は「食」の取材に人生をかけたのか第1章 マク

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました