無名の男がたった7年で270億円手に入れた物語 著者 竹之内教博

小説の書評と感想
無名の男がたった7年で270億円手に入れた物語著者 竹之内教博新たな知識を求めてこの本と出逢う。これは「りらくる」の創業者が書かれた本です。会社を創業して、会社を売却して、270億円手に入れたと言う話です。宝くじよりも確率は高く、宝くじよりも当選金額が多いことを考えればこの本に書かれているように物事を考えて、会社を起こした方が良いのかもしれません。これからの時代は、雇われているだけでは生きていけない時代に突入しているんです。だからこそ副業が騒がれている時代なのです。そういう時代だからこそどういう生き方をしなければいけないかを改めて考えさせられる時に来ています。だからこそこういった本が色々と出版されているのでしょう。本は時代の象徴です。今世の中で何が流行っているのか、何をしなければいけないかを本屋に行けばわかるのです。その系統の本が流れているからです。今多いのはとにかく副業を進めることです。1つの仕事では生活できない時代に突入しているからです。だからこそ副業して新たなビジネスを追求、そして生活費の足しにしなければならないと言う考え方が多いです。もちろんこの考え方全て正しいわけではありません。しかしこういった考え方で生きていかなければ1つの会社に頼っていては生活が厳しくなってくると言う現状もひしひしと感じているのではないでしょうか?「真似は学びの第一歩」良いものはよりよく生まれて努力をすべき、そうすることによって成功に近づきます。「スモールスタート」お金をかけずにまずは小さく始めてみることが大切です。まずはスタートを切ることです。「仕組み化」誰でもできるようにすることでスピ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました