ブラック・ショーマンと名もなき町の殺人 著者 東野 圭吾

小説の書評と感想
ブラック・ショーマンと名もなき町の殺人著者 東野 圭吾新たな知識を求めてこの本と出逢う。何かのショーが始まる。これが物語のスタートで。1つの夫婦の結婚に向けてのエピソード、そしてコロナ禍、同窓会の話。夫婦の中の女性は、教師の娘である。同窓会に戻ることにより、自分の父親(教師)に会うことになる。そして昔の嫌な思い出が思い出されてしまう。決して良い思いではありません。そんな中突然、父親が殺される。警察から連絡があり地元へ帰ることになる。そこで奇天烈なおじさんと再会する。その奇天烈なおじさんと父親が殺された事件の謎を追いかけていくと言う物語。さてさて犯人は誰になるのであろうか?動機は何であろうか?トリックはどういうトリックであろうか?等々物語には、いろいろな楽しみ方があります。もちろん結末だけを知ると言う楽しみ方もあります。楽しみ方は人それぞれなのです。何が正しいか、何が間違っているかではなく、人それぞれなのです。この物語の中でいろいろな楽しみ方があります。そして面白いことがコロナが関連することです。それは1つの時代なのでしょう。コロナが物語の中に入ってきてます。どのような創造された世界を導いてくれるのかそれも楽しみの1つであります。リアリティーを持った物語するのも1つの楽しみであります。今まで知らなかった父親の背景が見えてくるのもまた面白くない話です。娘から見たときに父親の裏の顔があるのかどうか?人は時に人間不信に陥ります。それは現実の世界でもあり得ることであり、実際に感じている人は多いでしょう。ただしそれが正しいわけではありません。だからこそリアルの世界から作られた世界であ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました