【コミック】「ドラゴン桜2」一気読み

小説の書評と感想
阿部寛主役で「日曜劇場」でドラマ化されている「ドラゴン桜」。kindleで、1巻から14巻までは1冊¥1だったので、読み始めたら、やめられなくて、結局15巻と16巻は定価で購入してしまいました。前作とは時代も変わって、入試も変わり、若い人たちの気持ちも変わっている中で、同じように東大を目指すのでもやり方が違うのが興味深かったです。SNSや、スマホのアプリの活用など新しいものを取り入れている一方、数学は初歩からやり直す、というのは変わっていませんね。16巻で終わりかと思っていたら、完結編の17巻は、6月23日発売、とのこと。待ち遠しいです。kindle unlimitedでも読めます。kindleだと、何冊買っても場所を撮らないのと、夜中でも次の巻が簡単に入手できるのがいいですね。↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 にほんブログ村
Source: 小説

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました