『ぼくがきみを殺すまで』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

小説の書評と感想
『ぼくがきみを殺すまで』あさの あつこ 朝日文庫 2021年3月30日第1刷

ぼくがきみを殺すまで (朝日文庫)

ベル・エイドの少年兵士エルシアは敵国ハラの兵に語りかける、かつてハラの友ファルドと過ごした色鮮やかな日々のことを。世界が戦争の影に覆われ、少年が戦場に出るまでの物語。児童文学出身の著者だからこそなし得た、少年たちの内面と友情を描く渾身の一冊。 《解説・額賀澪》 (朝日文庫)

いつの世の、どこの国であったとしても、誰が好んで戦争などしたいと思うでしょうか。ベル・エイドの少年たちは、望んで 「特別武官養成学校」 に入学したわけではありません。兵士になったのは、ならざるを得ない事情や理由があればこその決断でした。

エルシアが半ば強迫されて入学した特別武官養成学校では、12歳から16歳までの少年たちが学んでいます。武官、軍人となるために修練を積み、14歳になると特別コースが設けられ、学校側の指示により、少年たちは各々に別のコースへ進みます。

コースは、1・指導者及び戦略家の養成、2・軍事技術者、3・上級兵士の3つに分けられ、約9割の生徒が3に振り分けられます。中で1のコースは軍の最上級幹部への登竜門とされ、生徒たちの憧れでもありました。但し、誰がどのコースに進むかはあくまで学校側による選別であり、少年たちの希望や意思は一切考慮されません。

中学生の私は、この物語を読み終えた瞬間に何を思うだろう。2020年の年末、あさのあつこさんの 『ぼくがきみを殺すまで』 を読了し、そんなことを考えた。この本について、中学生の自分と語らいたい衝動に駆られ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました