「夢にみるのは、きみの夢」三田真央 ガガガ文庫

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは三田真央さんの「夢にみるのは、きみの夢」です!ストーリー A内容は、友達なし。恋愛経験なし。ひたすら二次元の乙女ゲー世界に没頭する二橋美琴は誕生日の夜にナオと名乗る青年と出会う。整った容姿を持つナオは実は研究施設から逃げ出したAIだった⁉︎成り行きからナオを家で匿うことになり、同棲生活が始まる。はじめは見知らぬ男性が家にいることが落ち着かなかった美琴だが、だんだんナオのいる日常が当たり前になっていき自分の気持ちを自覚し始めるが…とこんな感じです!〜この夢は、恋は現実か〜元NMB48の三田真央さんの小説デビュー作!アイドルには二次元も三次元も疎くガガガ文庫でデビューされるまでは恥ずかしながらお名前も存じ上げていなかったのですが、元アイドルがラノベで小説デビューということで購入。キラキラした小説なのかな?と勝手な偏見から読み進めていたのですが、いい感じにダメダメな社会人女オタクの恋愛模様と衝撃的なラストが印象的な恋愛?ものでした!面白かったです!まず序盤。友達もいない恋愛経験もない会社でも幽霊社員状態な美琴の日常が描かれます。これはいい意味でほどよくにちゃっとした女オタクが描かれていましたね…推しのボイス目覚ましで起床して会社でも幽霊みたいな存在で、憧れている先輩をただ見つめているだけ。独り言が多くて誰かと話すことが特別で、日々を淡々と過ごしていく…アイドルだった方がこういう女性主人公を描くのか…とちょっと衝撃的でした。アイドルに夢見過ぎですかね?そして美琴の誕

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました