「駅徒歩7分1DK。JD、JK付き。」書店ゾンビ オーバーラップ文庫

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは書店ゾンビさんの「駅徒歩7分1DK。JD、JK付き。」です!ストーリー A内容は、社畜の26歳谷川陽史は田舎で仲が良かった年下の幼馴染女子大生の黒森詩織をしばらくの間預かることに。しかし、ちょっとした行き違いからなぜか家出女子高生・神木彩乃も預かることに。社畜と女子大生と女子高生という奇妙な同居生活が始まるが、詩織は密かに陽史に想いを寄せていて…とこんな感じです!〜社畜がJKとJDと同居したら?〜書店ゾンビさんの新作!個人的に初挑戦の作家さんですね。もはや王道となりつつある拾ってきたJKと同居ラブコメですが、幼馴染の女子大生もいてアブノーマルっぽさよりホームコメディ感強めで楽しく読ませていただきました!面白かったです!年下の幼馴染の女子大生・詩織をしばらく家に泊めることになった社畜の陽史。社畜…26歳…IT企業…非常に親近感を覚えますね…作中の締め切りは動かず作業は遅延してそのリカバリングのために動くというのは非常に共感できます。むしろ共感しかない。しかし駅で出会った家出女子高生の彩乃を詩織と勘違いしてしまい、なぜか流れで3人暮らしすることに。これ詩織さんいなかったら犯罪臭がやばかったですね…でも頭が動かなくなる社畜の気持ちは痛いほどわかります(涙)そうして始まった同居生活!お約束的なハプニングはありますけど、基本的には健全に進んでいきます!このホームコメディ感がすごくよかったですね!一緒に餃子作ったり、詩織と彩乃がお風呂から出るのを待つ時間であったり、3人

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました