「株では勝てる俺も、カワイイ女子高生には勝てない。」砂義出雲 MF文庫J

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは砂義出雲さんの「株では勝てる俺も、カワイイ女子高生には勝てない。」です!ストーリー A内容は、デイトレーダーとして成功している奥田理人は25歳にしてタワーマンションで金銭的な不自由なく優雅に暮らしていた。そんなある日、常盤木灯香という女子高生を偶然助けることになる。タイムマシンを作りたいという彼女に不信感を抱く理人だが、彼女の事情を知りタイムマシン製作のパトロンとなり彼女を家に泊めることに。人の心が理解できない理人ととある事情を抱えた灯香との同居生活が始まる!とこんな感じです!〜お金があってもなんでもはできない〜砂義出雲さんの新作!個人的に発挑戦の作家さんです。未だにデビュー作のイメージが強い作家さんなんですけど、デビューから10年も経っていらっしゃるんですね…事情を抱える女子高生とお金はあるけど人の心がわからない青年のライトな同棲ラブコメでした!面白かったです!若くしてデイトレーダーとして成功するも、人の心が分からずなんでもお金で解決しようとする理人。そんなある日、彼はヤバそうな奴らに追いかけられている女子高生・灯香を助けることに。タイムマシンを作りたいと突拍子もないことをいう灯香に不信感を抱く理人だが、彼女の事情を察してタイムマシンを作る灯香に出資するという名目で同居生活を始めることに。同棲までの流れはまぁなかなかツッコミどころありますけど(^_^;)人の心がわからない理人くんのエピソードはなかなか面白いのでよしって感じですかね…そんなこんなで同棲生活を

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました