「両親の借金を肩代わりしてもらう条件は日本一可愛い女子高生と一緒に暮らすことでした。2」雨音恵 富士見ファンタジア文庫

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは雨音恵さんの「両親の借金を肩代わりしてもらう条件は日本一可愛い女子高生と一緒に暮らすことでした。2」です!前巻の記事↓
ストーリー A内容は、勇也が楓に告白し晴れて付き合うことになった2人。いつも通り家では楓から頭なでなでやハグやキスのおねだりをされて甘い時間を過ごしていた。そんな中、勇也は楓に相応しい人間になろうと今度の試験で学年10位以内を目指すべく勉強を頑張ることに。そんな中勇也は二階堂とも距離が縮まり楓と過ごす時間が減っていき…果たして2人はどうなってしまうのか…とこんな感じです!〜倦怠期⁉︎それともすれ違い⁉︎〜シリーズ第2弾!1巻は重版も決まって順調そうですね!今回は前巻以上に甘い2人のやりとりととことん楽しませていただきました!面白かったです!まず序盤。初手、いきなりのいちゃいちゃ。この2人、勇也がブレーキ役にならないと永遠といちゃいちゃしてそうですよね…頭撫でられる楓さんのかわいさは半端じゃないです…そんな甘々度が高まる2人に試練が。勇也が楓に相応しい人間になるべく、今度の試験で学年10位以内を目指して猛勉強を始めます。みんなと一緒に勉強する中で二階堂との距離も縮まり、家ではずっと勉強しているためなかなか楓との時間が取れずにすれ違いが生まれていく2人…そして二階堂が体育の授業で怪我をしてしまい松葉杖生活となったことで勇也はサポート役として常に二階堂と一緒に行動することに…理由は分かっていながらもどうしても寂しさや嫉妬を抑えきれない楓さん…勇也

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました