「30秒で描いた絵に100万ドルは高すぎる」と非難されたピカソは何と答えたか?

書評総合
「ピカソの30秒」という小話がある。ピカソが市場を歩いていると、ある婦人が呼び止めた。彼女はピカソの大ファンで、絵を描いて欲しいという。快諾したピカソは、さらさらと絵を描き上げた。婦人は喜び、いくらなら絵を譲ってもらえるか尋ねた。ピカソはこう言った。「このスケッチは100万ドルです」婦人は驚き、高すぎると言った。たった30秒で描いた絵が、どうして100万ドルもするのか尋ねた。するとピカソはこう答えた。「いいえ、30秒ではありません。私は、これまでに30年もの研鑽を積んできました。だから、この絵を描くのにかかった時間は、30年と30秒なのです」「30年」が「40年」だったり、「100万ドル」が「5,000フラン」だったり、様々なバージョンがあるが、出所が見当たらない。都市伝説みたいなものだと思っていたが、出典を見つけた。ただしピカソではない。ピカソの30秒の元ネタ該当の絵はこれだ。ホイッスラーの「ノクターン」(1877年)になる。Wikipedia:James McNeill Whistler よりホイッスラーはこの絵に200ギニー(およそ1,000万円)という値段をつけた。ところが、批評家のジョン・ラスキンは「この絵に200ギニーを要求するとは、実にあきれた話だ」と盛大にこき下ろした。ホイッスラーは名誉毀損で訴え、裁判となった。法廷の反対尋問にて、「たった2日間だけの仕事」に対して、どうしてあんな途方もない額を要求しているのか、と追求された。ホイッスラーはこう答えた。「とんでもない。生涯をかけた研究成果に対して200ギニーを要求しているのです」このエピソードの出所は、E.H.ゴ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました