「飛び降りようとしている女子高生を助けたらどうなるのか?」岸馬きらく 角川スニーカー文庫

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは岸馬きらくさんの「飛び降りようとしている女子高生を助けたらどうなるのか?」です!⚠︎今回は酷評&ネタバレありです。面白いとは一切言わないのでご了承くださいストーリー C内容は、高校生ながら一人暮らしをしている結城祐介。彼は特待生の特典である学費免除を維持するため日々勉強とアルバイトをして過ごしていた。そんなある日、猛烈に彼女が欲しくなった裕介は帰宅途中に今にもビルから飛び降りそうな女の子を見つける。結城は彼女を助けるが初白小鳥と名乗る少女は自分なんて生きている意味がないと言う。結城は死ぬくらいなら彼女になってくれと小鳥に言い彼女もそれを了承したことで恋人関係となり、家に帰りたくないという小鳥との同居生活が始まるが…とこんな感じです。〜飛び降りしようとしていた女の子を彼女に〜YouTube発の作品。発売前から一部で話題になっていましたね。ちなみにYouTubeの方は未視聴です。個人的には合う・合わない、面白い・つまらない以前に「あぁ、この作品めっちゃ嫌いだな」と思う作品でした。以下酷評です。まず結城。キモい。すみません。でもキモいです。序盤も序盤で彼女が欲しいだあぁだこうだ1人で騒いで飛び降り自殺しそうな女の子捕まえて彼女になってくれ?いやそういう設定の作品だということはわかっていても結城のキモさで無理になります。どういう人生歩んできたら自殺しそうな女の子に「死ぬくらいなら俺の彼女になってくれ!」なんて言えるんですかね。マジで無理。そしてそれを受け入れ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました